たまりば

  日記/一般 日記/一般  その他 その他

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

タネがネタ

2009年10月21日

 
今回のブログのネタはタネ。2種の木の実は色も形も大きさも似ていますが、種は色も堅さも利用法もまったく違います。右はイチョウ、今砧公園ではギンナン拾いがたけなわです。私もたくさん拾って冷凍しました。翡翠のようにきれいな緑色の「炒りギンナン」がいつでもおつまみに出せます。左はムクロジ、春に咲いた花が雨あられと降っても、実は鈴なりです。ムクロジの実の用途、この黒いタネを見ればお分かりでしょうか。羽根つきの羽根の玉です。といっても、羽根つきがお正月の遊びだったのはかなり昔、「サザエさん」に出ていたのを思い出します。ムクロジの実にはさらに昔から別の利用法がありました。砕いた果皮を布袋に入れて洗濯に使ったそうです。ムクロジの実のムクロジサポニンという成分には洗浄効果があるとのこと。明治の子どもはシャボン玉遊びもしていたと知って、やってみました。ストローの先にシャボン玉が出るのは0.1秒くらい、それを写真に撮るのは至難の技だったので、グラスに入れて吹いてみました。ぶくぶくと盛り上がるのを距離や角度を変えてやカメラに収めるのはなかなか面白くて、ひとしきり遊びました。
  


  • Posted by つぼみ at 07:28Comments(6)砧公園周辺