たまりば

  日記/一般 日記/一般  その他 その他

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

お庭拝見

2010年07月28日

 

区報『せたがや』に、7月25日「成城三丁目小さな森」オープンガーデン※個人宅につき、公開日以外は入れません、とのお知らせが載っていました。わが家から歩くと片道6000歩以上あるのでさすがにめったに行かないところです。成城の高級住宅街は見とれてしまうような素敵な邸宅が並んでいますが、人通りが少なくて聞くことができず、見つけるまでに大汗をかきました。目指したNさん宅は、玄関は道に面していますが敷地全体が相当な急傾斜で、「国分寺崖線(こくぶんじがいせん)」をそのままレンガ造りにした感じです。国分寺崖線をつかったお庭としては静嘉堂や小坂邸などがありますが、こんな風にレンガで作り上げた庭というのも趣がありますね。樋で集めた雨を流し込む天水桶がとてもおしゃれです。NHKのクルーが撮影に来ていて、取材に行った私が取材されてしまいました。
※ 国分寺崖線とは「自然が作り上げた立川市から大田区まで続く崖のつらなり。世田谷区では喜多見・成城から等々力・尾山台へつながる緑のベルト地帯でもあり、湧き水の宝庫」(あんじゅ舎 『Setagaya わたしの散歩道』より)

 

  


  • Posted by つぼみ at 05:51Comments(9)砧公園周辺

    念願かなって

    2010年07月22日

      梅雨明けとともにやってきた猛烈な暑さの中、世田谷総合運動場西側崖下の水場に行きました。ザリガニをすくっている親子連れを横目に小さな流れに沿って歩いている時、青い光が目の前をかすめ、5、6m先の石にカワセミが止まったのです。ドキドキワクワクしながら、震える手でカメラを取り出し「行かないで、行かないで」と念じつつ、1歩ごとにシャッターを押しました。5枚撮った最後の1枚がこれです。今年3月に青い物体としか見えないカワセミの写真を出した時励ましの書き込みをいくつもいただきました。皆さま、念願かなって目まではっきりした写真を撮ることができました。フラワーランドのSさんに話したら「男の子? 女の子?」と聞かれ「えっ、そんなの分かりません」「男の子はくちばしが黒くて、女の子なら下のくちばしが赤いよ」「それなら男の子です」燃えるように暑い夏の午後、嬉しいカワセミくんとの一期一会でした。   


  • Posted by つぼみ at 05:44Comments(3)砧公園周辺

    マツリの季節

    2010年07月16日

     

    夏は祭りの季節、そして「マツリ」の季節でもあります。「ルリマツリ」、「マツリ」は「茉莉」と書き、花がジャスミン茶にする「マツリカ(茉莉花)」に似ているのでつけられたとか。涼しげな青色を好む人が多いらしく、道を歩いているとあちこちで咲いているのを見かけます。「ルリ」は瑠璃色から来ているとすれば、白い花は「シロマツリ」と呼びたくなりますが……。青、白それぞれ私のウォーキング圏内で一番大きかったものの写真です。

        


  • Posted by つぼみ at 20:36Comments(4)砧公園周辺

    ラッパがいっぱい

    2010年07月10日

     

    華やかなオレンジ色に惹かれる夏の花、ノウゼンカズラ(凌霄花)は「ノウゼンカズラ科の蔓性落葉樹で付着根によって他物によじ上る」植物です。木や塀を伝わって蔓が垂れている光景はよく見かけますが、静嘉堂付近から二子玉川駅に向かう遊歩道に、鉄パイプの支柱で行灯仕立てにして傘を広げたような見事なノウゼンカズラがありました。大きな傘の中に入って裏側から花を見るのも乙なものです。花がラッパの形なので英語ではトランペットフラワーと呼ばれていると聞いたら、巨大な虫の羽音のようなブブゼラの唸りが耳によみがえりました。「五月蠅」ならぬ「七月蠅」と呼びたいような音です。サッカーはあと2試合、全米女子オープン、選挙速報、ここしばらくはテレビから目が離せません。

      


  • Posted by つぼみ at 07:11Comments(4)砧公園周辺

    花とうどん

    2010年07月04日

     

    水辺に涼しげに咲いているのは、ドクダミ科のハンゲショウ(半夏生:半化粧)、花が咲き出すとそのつけねの葉っぱが表側だけ白くお化粧する珍しい植物です。花が終わると白は薄れていきます。この花が咲くのは、昔の暦で「夏至から11日目」を指す七十二候のひとつ「半夏生」の頃、梅雨が明け田植えを終える日とされていました。今年の半夏生は7月2日、香川県では田植えを手伝ってもらった人たちを招いてうどんを振舞うのが昔からの慣わしだったので、7月2日を「うどんの日」と決めて、いろいろのイベントが行われているそうです。私もお昼に、この間高松に行ったとき買った有名店の讃岐うどんを香川県ではごくポピュラーな「釜たまうどん」にしました。花とうどん、ちゃんとつながったでしょ。あらー、うどんのねぎまでつながってる!!

          


  • Posted by つぼみ at 04:42Comments(5)砧公園周辺