たまりば

  日記/一般 日記/一般  その他 その他

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

紫式部は私

2010年10月30日

  数年前、長いこと「ムラサキシキブ」と思っていた植物に、砧公園で「コムラサキ」と名札がついているのを見てびっくりしました。コムラサキは結構ムラサキシキブと呼ばれていますよね。本当のムラサキシキブは3mくらいにまで生長する木で野山に自生していることが多いそうです。この周辺で唯一私が知っているムラサキシキブは、砧公園正門に近い環八沿いの歩道の脇です。ちゃんと名札もついているのですが毎年花も実もほとんど見られずにいました。「大量の排気ガスを浴び、手入れもされていないのでかわいそう。きれいに実のついたムラサキシキブを見てみたい」と、先日フラワーランドのFさんに話していたら「信州(佐久)の山には沢山ありますよ。今度切ってきてあげましょう」と言ってくださいました。なんというラッキー! 昨日約束通り持ってきてくださったムラサキシキブをフラワーランドのテーブルに載せて、写真を撮りました。コムラサキと枝や葉や実のつき方が違うのがお分かりでしょうか。生け花などに使うにはコムラサキの方がきれいで人気が高いようです。コムラサキなら、用賀近辺では断然これが一番と以前から目をつけていたお宅で写真を撮り、京西小学校の北側のお宅で白い実のコムラサキ(シロシキブ)も見つけ、クマツヅラ科ムラサキシキブ属の3種の実がそろいました。

追記: 昨日フジバカマが少し開花していました。「秋の六草」もごらんください

     


  • Posted by つぼみ at 20:38Comments(18)砧公園周辺

    小粒だから

    2010年10月23日

     

    雨上がりの朝、ラジオ体操に行く道すがらギンナンが沢山落ちているのを見つけました。砧公園の秋の恵み。でもお店で売られているのを見ると「あらまあ!」と思うくらい大きさが違う。うちの銀杏割りでは割れないほどの小粒が多いのです。かなづちやペンチで割るとちょっとした加減で中身までつぶれてしまい、最近までの成功率は60%位でした。これではならじと徹底研究した結果、薄皮が白っぽいお尻部分は殻に密着しているので、お尻半分弱をペンチにはさんでぐっと力をこめると茶色い頭部分の殻がペリッと開くのを確認。成功率が90%位に上がりました。お玉の背中でこすって薄皮をはがし、袋に入れて冷凍しておけば好きなときにギンナン料理が楽しめます。「砧公園のギンナンは小粒だけど味がいい」と言う人もいますが、私は「(大粒は大味で)小粒だからこそ味がいい」と前向きに考えることにしました。手間ひまかけるかいがありますから。どっちが頭かお尻か目を凝らして鑑別していると、秋の夜長もたちまち更けていきます。
    P.S. フジバカマはまだ咲きません

      


  • Posted by つぼみ at 22:26Comments(11)砧公園周辺

    秋の六草

    2010年10月16日

     

    「秋の七草」を集めて出そうという去年からの計画は、クズが見つからなかったためになかなか果たせずにいました。秋の七草を同時期に見ることは、開花時期が違うので誰にとっても難しいようです。キキョウは8月に咲いていたのに、フジバカマはまだ咲きません。ついに見切り発車で、この間お見せしたクズ以外の「秋の六草」をアップすることにしました。フジバカマはもう少しなので、咲いたらこのページに追加しましょう。朝日新聞11日の「天声人語」に「萩白し風の中より切って来し」との句が紹介されていて、白いハギはこの辺りでは見たことがないわ、と思ったなんとその日に岡本町で見つけました。「萩は透き通った秋風に吹かれる姿がいい」とあったその通りの姿で高いところで揺れていました。夕方薄暗くなると虫の音が聴こえて……秋ですね。

        


  • Posted by つぼみ at 22:26Comments(17)砧公園周辺

    旬の香り

    2010年10月09日

     

    岡本町の無名塾近くにある「西庵」に「旬の香り・新そば」の貼り紙が出ています。ここは10年ほど前にオーナーの西田夫妻が自宅に開いたカフェで、石臼挽き手打ちそばが名物です。通りがかりに風雅なお庭とテラスを見かけるたびに一度入ってみたいと思っていたのですが、やっと実現しました。イギリス王室御用達のビール、バス・ペールエールをゆっくり飲みながら待っているとお蕎麦が登場。つゆにはゆで卵や揚げた茄子やねぎなどが入っています。蕎麦の産地を伺うと今日のは北海道産とのこと。蕎麦前線はだんだん南に下りてくるので、新そばを食べられる期間はかなり長いようです。秋の風を感じながらテラスで食べる冷たいお蕎麦は最高でしたが、ただひとつの気がかりは、私のきらいなカエルがテラスの下で這いまわっていたことです。

      


  • Posted by つぼみ at 12:04Comments(9)砧公園周辺

    クズの猛威

    2010年10月01日

     

    去年の秋、「せたがや八季」に「秋の七草」を出そうと思い立ち、ハギ・ススキ・クズ・ナデシコ・オミナエシ・フジバカマ・キキョウを探したのですが、クズがなかなか見つからず、フラワーランドで「ここにクズはありませんか?」と尋ねました。すると「クズが生えているような植物園は植物園失格ですよ」との厳しい答が返ってきました。クズは、原産地の日本では昔から蔓や根が有効に利用されていたので(葛根湯など)、それほど悪いイメージは無かったようですが、飼料作物や庭園装飾用としてアメリカに渡って以後、そこの風土に合ったり、天敵がないなどの理由で、ものすごく繁茂し拡散したそうです。今やクズは「世界の侵略的外来種ワースト100選定種」に入っているとか。1年経って、その嫌われ者のクズが空き地を覆いつくしている所を見つけました。以前紹介した「白樺の家」の道一本隔てた西側です。花はとてもきれいですが、すべてを埋めつくしている様子は壮観でもあり脅威も感じます。クズ以外の六草は、フジバカマが開花したらアップしますね。

      


  • Posted by つぼみ at 22:19Comments(15)砧公園周辺