たまりば

  日記/一般 日記/一般  その他 その他

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

キのいいキ

2011年02月25日

 

砧公園「一の橋」近くのエノキはとてもキのいい木です。なにしろ枝にはヤドリギを沢山住まわせ、根元にはトウネズミモチ(唐鼠餅)を居候させているのですから。エノキに寄生しているヤドリギは5年位前から知っていたのですが、黄色い実は初めて見ました。珍しいのでじっくりと写真を撮っているうちに、高いところではすっかり葉が落ちているのに、根元から緑色の葉がついた枝が出ているのに気づきました。どうやら根元近くのうろに入りこんだタネから生えた常緑樹のようなので写真と葉をフラワーランドに持ち込んだら、トウネズミモチと判定されました。さて、ヤドリギですが、この実は組織がとても特殊で、鳥のお腹を通過するとタネが糸のような繊維とネバネバで連なって出てくるので枝にくっついて発芽するとのことです。なぜこれまで見たことのない実が見られるのかと不思議がっていたら「今年は鳥の数が少ないような気がする。そのせいではないか」とは鳥山さんのご意見。いつも砧に来ていた鳥たち、どこかでインフルエンザにやられたのでなければいいけど。

  


  • Posted by つぼみ at 22:27Comments(10)砧公園周辺

    刻々と変わる

    2011年02月17日

     

    国土交通省の案内ガイド「関東の富士見100景---富士山の見えるまちづくり」に出ていた、上野毛~二子玉川東急大井町線の切り通しに架かる「富士見橋」に行ったのですが、その日は霞がかって富士山は見えませんでした。数日後、二子玉川近くの富士が見えるスポットを通ったところ、太陽がまもなく沈もうとしています。そうだ、今行けば、夕日と富士山の写真が撮れるかもと思いつき、直ちに富士見橋を目指しました。あとで分かったのですが、家と逆の地点から歩き出したために90度くらい違う方向に進んでいたのです。このあたりと思うのにちっともそれらしき場所にたどり着きません。空を見上げると日の光はどんどんと薄れ、時間がなくなっています。「富士見橋はどっち?」と聞きながら、焦りに焦り、気分はもう「走れメロス」。やっとたどり着いた時「あらっ」とびっくり、橋の上に思いがけないほど大勢の人がいました。日本人は富士山が好きなのですね。17:12到着、17:17太陽がすっかり隠れるまでに空や雲の色が刻々と変化するのに見とれました。不思議なのは日が落ちた後にかえって空の色が明るくなったことです。

      


  • Posted by つぼみ at 20:20Comments(24)砧公園周辺

    彫刻の観賞

    2011年02月09日

     

    朝6時頃外に出てみたらみぞれ交じりの雨、「乾」は解消しても、「寒」が戻ってきたらしく結構寒い。49日目にしてラジオ体操の連続記録は中断ですが、砧公園行きを途切らすまいと、世田谷美術館「佐藤忠良展---ある造形家の足跡」に行きました。「会場を出た所でブロンズ像ができるまでを上映している。先に観たほうがいい」とアドバイスをもらっていたので、売店の奥に直行すると、運よく26分の映画が始まるところでした。彫刻家が粘土で作った像が、ブロンズで仕上がるまでの過程が描かれていて「そうか!」と驚嘆しました。石膏工房や鋳物工場など想像もしなかった大勢の職人の高度な技術が芸術家の作品にかかわっているのです。もうすぐ百歳の佐藤さんの作品は多岐に渡り、「記録を作った男の顔」王貞治さんや長女のオリエさんがモデルの作品もあり、子どもが小さい頃読んでいた「大きなかぶ」の絵が佐藤さんの作だと知りました。札幌オリンピックを記念して創られた「蝦夷鹿」は巨大な鹿の像です。展覧会の会場は撮影禁止なのでいらか道のポスターや美術館の正門などしか出せないと思っていたのですが、帰りがけに窓から「蝦夷鹿」が見えるのに気づきました。この写真、咎められることないですよね?

      


  • Posted by つぼみ at 21:09Comments(4)砧公園周辺

    カンはいつまで

    2011年02月01日

     
    今の東京は「寒」と「乾」、寒くてカラカラに乾いています。寒中らしいショットをいくつかお見せしましょう。以前紹介した「シモバシラ」を覚えていらっしゃいますか? シソ科の植物で、夜の間に根から吸い上げた水分が茎から染み出して凍り、氷の花を咲かせます。「岡本いこいのもり緑地」にありました。昨年12月22日に雨で休んで以後、私はラジオ体操今日まで皆勤です。まだ薄暗いのに白い息を吐きながら砧公園に集まるのは「寒い」や「眠い」を苦にしない人たち。広範囲に散らばっているので写真1枚にはとても入りきれないのですが、元旦でも40人位はいたと思います。空気が乾燥しているので富士山もいつにも増してよく見えます。世田谷区内の国分寺崖線で傾斜がもっとも急な車道、岡本3丁目富士見坂で撮りました。総合運動場の噴水池には氷が張っています。「菅」政権はいつまで続くのか分かりませんが、「乾」はそのうち解消するでしょうし、「寒」が終わるのはもうすぐです。 


      


  • Posted by つぼみ at 07:11Comments(11)砧公園周辺