たまりば

  日記/一般 日記/一般  その他 その他

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

手向けの花

2011年03月23日

 

海に向って「おかあさーん、おかあさーん」と叫んでいた少女の姿が忘れられなくて、今でも涙が出ます。打ちのめされている人たちの映像、原発の恐怖、地震ではないのに揺れを感じている自分、さまざまな思いで気分の晴れない日が続いていました。今朝のラジオで「復興に向って、オールジャパンで」との言葉を聞き、募金か節電くらいしかできないと暗くなってどうするの!私もオールジャパンの一員でしょ、と気持ちが前向きになりました。図書館のある玉川台区民センターに行ったら「震災被害者の受け入れのために休養室(和室)とお風呂は3月31日まで利用できません」との掲示が出ています。早速「お手伝いできませんか」と申し出たら「まだ一人も来ていません」とのこと。「31日以後はどうなるの?」という質問には「それは今検討中です。手は足りていますから、大丈夫です」とあっさり却下されてしまいました。今何かできることはと考え、亡くなった方たちに捧げようと周辺で白い花の写真を撮りました。「コブシ咲く北国の春」が一日も早く訪れるよう祈ります。

  


  • Posted by つぼみ at 22:03Comments(8)砧公園周辺

    続・陸前高田の店

    2011年03月17日

     

    地震後の12日から毎日陸前高田のお店「田舎のごっつお」に行っています。昨日は店長や他のスタッフの無事が確認できたとの掲示がありました。今私にできるささやかな支援との気持ちで毎回買い物をしています。賞味期限の短いものは売り切れたけど乾き物はまだまだあるそうで、切り干し大根やそのまま食べられる「おつまみ昆布」(とても柔らかくておいしい)は日持ちするので沢山買い込み、友人に宣伝しています。一昨日首都高3号線の下の道で、香川県からの救援車両10台(消防車や救急車)の隊列に出会いました。首都高に入るにはどうしたらいいいか分からず動けなくなっていました。東名と3号線の入口のある環八の交差点は入り方が難しいのです。一生懸命に教えました。これから宮城県に向うとのこと、「ありがとう、がんばって!」との思いをこめて、手を振って見送りました。陸前高田以外にも多くの地域が支援を必要としていますが、義援金を送ることくらいしかできない自分に無力感を覚えます。

      


  • Posted by つぼみ at 08:47Comments(8)砧公園周辺

    陸前高田のお店

    2011年03月13日

     

    1年余り前に用賀にできたお店「田舎のごっつお」は、陸前高田のアンテナショップです。魚介類好きの私は大ファンになり、なじみがなかった陸前高田という地名をしっかりと頭に入れました。今回の地震と津波のニュースに陸前高田が頻繁に出てくるようになり、ついに壊滅的被害と言われ、お店に行ってみたら「今後商品の入荷予定はありません。在庫かぎりです」とのお知らせが出ていました。現地にいる責任者の方は無事が確認されたけど、魚や昆布の加工場も帆立などの養殖場も全部無くなってしまったそうです。「田舎のごっつお」の正面には、日本百景のひとつ「高田松原」の大きな写真があります。白い砂と緑の松が美しいこの砂浜は、石川啄木が「一握の砂」にある「東海の小島の磯の……」などの歌を詠んだことでも有名だそうで、写真を見る度にいつかここに行ってみたいと思っていました。この砂浜も津波にさらわれてしまったのでしょうか。陸前高田だけではなく、多くの地域の悲惨な状況が次々と報道され、何もできないまま、胸のつぶれるような思いでテレビを見ています。

      


  • Posted by つぼみ at 13:42Comments(10)砧公園周辺

    江戸から昭和

    2011年03月03日

     

    3月3日にお雛様を出したいという念願がやっとかないました。先日岡本民家園で、昭和時代・大正時代と飾られたお雛様を撮っていたところ「次太夫掘民家園には江戸時代のお雛様もありますよ」と教えられました。次太夫堀は岡本よりずっと広くて、屋敷門、主屋、農家、酒屋、屋敷門、土蔵、鍛冶屋が点在しています。主屋に入ったらお雛様を見ている家族連れがいて、お雛様はこの方の父上が寄贈なさったものだと分かりました。江戸時代から代々伝わったお人形は、この男性が小さいときはまだ家に飾ってあって「五人囃子は僕のお雛様だと言われていたなあ」と懐かしそうに見入っていました。飾るのは場所もとるし大変だから、毎年ここに来れば会えるのがありがたいとのこと。土蔵もこのお宅のものだったとかで、帰りがけに前を通ったら「パパは小さいとき悪いことするとこの中に閉じ込められた」とお子さんたちに話しているのが聞こえました。

          


  • Posted by つぼみ at 07:16Comments(10)砧公園周辺