たまりば

  日記/一般 日記/一般  その他 その他

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

象がお出迎え

2011年06月28日

 

門を入ると象の親子が出迎えてくれる世田谷区内の病院はどこでしょう? 大蔵2丁目にある国立成育医療センターです。6月半ばにかねてより念願だったこの病院のボランティアになりました。成育医療センターは国立大蔵病院と国立小児病院を統合して平成14年に作られた、子どものための病院です。ボランティアの活動は色々で、外来ガイドは外来診療の患者さんのご案内や再診機周辺でのお手伝い、シッティングは入院患者のご兄弟のお預かり、ボランティアショップの販売、図書などですが、私の希望は園芸「成育庭園と屋上庭園をきれいに維持していく」ための作業をするのです。でもすぐに希望の部署に入るのではなく、「外来ガイド」を3回体験しなくてはなりません。オレンジ色のエプロン(フラワーランドのエプロンにそっくり)とIDカードを身につけて活動しているボランティアは、外来者に色々と質問されるからです。2回目の外来ガイドの今日、成育庭園で鍬やシャベルで奮闘している人たちが見えたので、休み時間に行ってみました。フラワーランドとはずいぶん雰囲気が違いますが、ここに色々と植えていくのも面白そう。皆さんに大歓迎されて、これからが楽しみです。

    


  • Posted by つぼみ at 14:26Comments(10)砧公園周辺

    梅雨の晴れ間に

    2011年06月18日

     

    梅雨の晴れ間で少し日が差してきたので、カメラを持って出かけました。用賀駅ビルの高速方面出口に大きなナツツバキの木があります。夏椿はすがすがしくて大好きで、毎年写真を撮っているのですが、いつも他の話題の陰に埋もれていました。駅からそのままフラワーランドに行ってみると、花当番の終わったクラスメイトが先生と園内を回っていたので、一緒に色々と教えていただきました。花が落ちたエルサレムセージはまさに星の形。ヘビイチゴだけと思っていたのにすぐそばにワイルドストロベリーがあり、較べてみると形が違うのがよく分かります。野草園には3種のドクダミ(カメレオン、一重、八重)が白い小さな花を咲かせていました。朝撮った写真をパソコンであれこれ細工していたら、あれ、もう雨の音が……。週間予報を見ると、洗濯物がカラッと乾く日は大分先のようです。

           


  • Posted by つぼみ at 17:50Comments(6)砧公園周辺

    古墳めぐり

    2011年06月11日

     
    生涯大学の校外授業で古墳散策をしました。東急東横線「多摩川」駅から出発です。今日のお当番が「世田谷区生涯大学」の黄色い旗を掲げ、30人が5キロ以上延々と歩きました。田園調布の亀甲山(かめのこやま)など大田区の古墳も多かったのですが、「世田谷さんぽ」のブログなので世田谷の2ヵ所を紹介します。最初の写真は「野毛大塚古墳」、真上から見ると帆立貝の形をしているので「帆立貝式の前方後円墳」と呼ばれています。古墳はお墓ですから見つかったのは、刀剣、銅鏡、玉などの副葬品、それがどのような位置にあったかを示す石版が設置されていました。復元された土器が並んでいますが心無いいたずら者に割られて欠けているものがいくつもありました。等々力渓谷の等々力不動の崖下には、龍の口から滝が流れ出ています。近くにある等々力渓谷横穴墓群の3号墓は7世紀の終わりごろの有力農民の墓、とはいえ石を積んだ入口が見えるだけ。でも、等々力渓谷は都会とは思えない気持ちのいい散策おすすめコースです。「上野毛」駅まで約2時間半の歩きで解散した後、某所で飲んだビールは実においしかった! 大人の学校はいいですね   


  • Posted by つぼみ at 22:28Comments(7)砧公園周辺

    瀬田出土の土器

    2011年06月03日

     

    フラワーランドの話題が続きましたが、生涯大学の「江戸と世田谷の歴史」コースの勉強もまじめにやっています。「先土器時代」から始まった授業は「大化の改新」まで進み、「憲法十七条」「小野妹子」「冠位十二階」などはるか昔に教わった言葉が次々と出てきました。今回初めて知ったのですが、世田谷では約3万2千年前に狩人たちが住んでいたことを裏付ける品が、多摩川を見下ろす国分寺崖線上の4ヵ所で多数出土しているのです。今日は「宇奈根考古資料館」に、瀬田1丁目元総理大平氏のお屋敷跡から出てきた土器の展示を見に行きました。6月中は「瀬田遺跡環濠出土の古墳時代土器」…『魏志倭人伝』の国と『せたがや』が開催されています。学芸員が丁寧に説明してくださって、とても興味深く見ました。土器の破片をつなぎ合わせて復元しているので「さぞご苦労なさったでしょう」との問いには「プロですから破片を集めて見つめていると分かってきます。ジグソーパズルみたいなものですけど、パズルならピースは全部揃っているところが違うかな」などとお話を伺いました。今から3万2千年後の世田谷では人々がどんな暮しをしているのでしょうか。

      


  • Posted by つぼみ at 23:50Comments(9)砧公園周辺