たまりば

  日記/一般 日記/一般  その他 その他

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

雪のあした

2012年01月24日

 

降り出したのも止んだのも知らない間の雪でしたが、朝6時外に出てみたら道は半分くらい雪に覆われていました。滑って転ぶといやだから砧公園のラジオ体操は中止。でも今日は中学時代の親友Tちゃんを世田谷散策にご案内する日です。幸い太陽も顔を出し、気温も上がってきて、用賀をスタートするころには雪も徐々に溶けてきました。今日のコースは、フラワーランド⇒無名塾⇒旧小坂邸庭園⇒静嘉堂⇒白樺の家⇒岡本八幡⇒民家園⇒アートトンネル⇒瀬田夕日坂⇒行善寺⇒大山道の地図が刻まれた二子玉川RISEの歩道。白樺の家では、白樺の枝にできた樹氷がきらきら光っていました。そして気がついたら、行く先々で撮った写真の中に雪が積もった松竹梅が揃っていたので、 「こいつは春から縁起がええわいな」と、記事が一つできました。松は静嘉堂、竹は小坂邸、梅は行善寺です。梅の枝にはもう薄紅色の小さな蕾がついていました。

  


  • Posted by つぼみ at 21:00Comments(11)砧公園周辺

    秋班の発表

    2012年01月13日

    今日はフラワーランドの「秋班発表」。当初はテーマを「秋のたより……花も実も」として9月から写真を撮り続けていたのですが、写真を集めてみると数が多すぎる! 結局実だけを取り上げ、「食べられるか食べられないか」「どんな食べ方があるか」についてまとめることにして、16種の実がフラワーランドのどこにあるか、食べた感想、食べ方などを発表しました。ピンポンノキは誰も知らなくて、「ピンポンノキ」という名前に皆「???」でした。司会者が「実は花に比べて私たちの視線の上側にあったり、地味な色合いであったり見落としがちです。今回の発表を機に、花だけでなく実にも注目していただければと思います」と締めくくった後、「これからフラワーランドのカリンとキンカンを皆さんにも食べていただきます」と私がビックリ発言。カリンゼリーは、以前「せたがや八季」に出した作り方の写真をパネルにも貼りました。キンカンは縦に切れ目を入れて茹でてから上下を指で挟んで種を押し出し、甘煮にしたものです。「ゼリーの色がきれい」「キンカンがおいしい」と皆が喜んで、秋班の発表は大成功(だったと思います)。

      


  • Posted by つぼみ at 20:45Comments(4)砧公園周辺

    初味体験

    2012年01月09日

     

    フラワーランドでは生徒が春夏秋冬4つの班に分かれて、園内の植物のあれこれを紹介します。私たち秋班のテーマは「この実は食べられるか食べられないか」で、「秋を彩る実のたより」として準備中。先日温室でとても変わった実のなる木をみつけ、名札を見ると「ピンポンノキ」です。ネットで「ピンポンノキの実は茹でて食べる」「タイを旅行したら、あちこちにあるピンポンノキの手の届くところの実はひとつもなかった」などと書いてあったので、「食べてみたい」と先生にお願いしたら「発表のためなら」と快く許していただきました。木は1本だけで黒ずんだ実がいくつも下に落ちていて、生っているのは全部で10粒くらいでしたが、秋班メンバーで「生まれて初めての味」を体験しました。秋班の発表はもうすぐ、ちょっとした趣向を凝らしているので、皆の驚く顔が楽しみです。

           


  • Posted by つぼみ at 23:05Comments(7)砧公園周辺

    新春ウォーキング

    2012年01月01日

     

    明けましておめでとうございます。今日は岡本八幡神社で初詣をしました。ウォーキング中には時々通り抜けるのですが、お正月に行くのは初めてです。一度中を見たいと思っていた神楽堂も開け放たれ、お神酒や焼き餅、甘酒などが振る舞われていて「これぞお正月」という雰囲気です。「佳い年になりますように」と祈ってからお神酒をいただきました。神社下の民家園では、運よく「岡本囃子保存会」による「岡本囃子」が始まるところ。お囃子がしばらく演奏された後、「天狐(てんこ)」と「獅子舞」が披露されました。いただいた小冊子によると「白い狐は神様の使いで、白い衣装を着て奉幣を持ち、場を清める舞をする」とのこと。また獅子は舞っている途中で顔の向きを変え「馬鹿面」をつけてこっけいな仕草で踊ります。その後はいよいよ獅子舞のハイライト、外に出てきて子どもの頭を噛む場面がやってきました。わんわん泣く子や逃げ出す子がいて大人たちは大笑い。座敷に戻った獅子が投げ込まれたおひねりをひとつずつ口で拾ってすべて呑み込んで、獅子舞は終わり、獅子が怖かった子どものころを懐かしく思い出しました。

      


  • Posted by つぼみ at 16:22Comments(14)砧公園周辺