たまりば

  日記/一般 日記/一般  その他 その他

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

用賀まち歩き

2012年07月31日


今日は4月に入門した「大山道場」企画、京西小学校の生徒を連れての「用賀まち歩き」です。かんかん照りの中、9時15分に、菅笠をかぶったお姉さんを先頭に出発して、庚申塔、洗い場、名主邸跡、玉川村村長邸跡、大山追分、水道みち、真福寺、無量寺と回りました。それぞれのポイントで道場のメンバーが説明します。庚申塔だと「今から270年前に作られた」「庚申信仰のご本尊は青面金剛神で、6本の手に武器などを持ち足元には邪鬼を踏みつけている」「見ザル、聞かザル、言わザルの三猿は庚申信仰本来の三尸(さんし)の虫が悪口を天帝に告げ口しないよう祈るために彫られたと考えられている」など。用賀の名主は「430年ほど前に飯田図書(ずしょ)という方が現在の用賀に来られて開村した」そうです。現在の当主は八代目で、数年前までこのお屋敷に住んでいらっしゃいました。「四脚門の中は、昭和35年に改築した屋敷と平成10年に改築した蔵があり、整備された庭園に囲まれている」と聞いていて中に入るのを楽しみにしていたのですが、八代目が門の前で迎えてくださったのにもかかわらず入れませんでした。それはここがドラマのセットなどによく使われていて、今日も撮影中だったからです。各ポイントには石標があり、横に書かれている小さな文字に紙をのせて鉛筆などでこすると拓本が取れます。「水道みち」の写真の男の子はその作業中なのです。

  


  • Posted by つぼみ at 21:02Comments(0)砧公園周辺

    富士山が見えた!

    2012年07月17日

     

    東京は梅雨明けと発表があり、今年一番の暑さになりそうと言われている今日の朝、環八・東名入口の歩道橋で富士山を見ました。教えてくれたのは、ラジオ体操仲間のFちゃんです。「今来るときに富士山が見えたのよ。東京から夏に富士山が見える確率は月に1日あるかないかですって」と聞き、ラジオ体操を終えて小走りで砧公園を出ました。暑さで靄がかかってしまうのではと心配していましたが、雪渓の形もちゃんと見えました。山開きは7月1日ですから大勢の人が登っているのでしょうね。私は学生時代に1回だけ、父ときょうだいとで登りました。七合目を過ぎたころ、父の姿が見えないなと思っていたら、なんと馬の背に揺られて上がってきたのでびっくりしたことを、懐かしく思い出しました。

      


  • Posted by つぼみ at 15:01Comments(3)砧公園周辺

    若い助っ人たち

    2012年07月11日

     

    7月7日の土曜日は、年寄りの多い私たち成育センター園芸ボランティア活動に強力な助っ人の応援が来る予定だったのですが、そぼ降る雨のために、翌日曜日に順延となりました。若い助っ人とは、外資系会社ゴールドマンサックスの社員のボランティアで、数百鉢の花の苗を持参して花壇に植え込んでくれるのです。
    1日違って大違い、25人の予定が10人となり、指導監督だけのはずの私たちも大わらわで作業に加わりました。4時間近くかけて、ベコニアとポーチュラカを植え、玄関前の芝生の草取りをして、やれやれです。植えたときはぐったりしていたポーチュラカも2日後の活動日にはしゃんとして、きれいな花を咲かせていました。

      


  • Posted by つぼみ at 21:20Comments(2)砧公園周辺

    夕化粧と半化粧

    2012年07月04日

     

    先日成育センターの庭で、草取りをしていた人が小さなピンクの花を摘んで「この花の名前、知っている?」 と訊いてきました。去年フラワーランドの授業で名前を習ったはずなのに、習ったということしか思い出せません。写真を撮ってフラワーランドの友だちに見せたら「ユウゲショウでしょ」と教えてくれました。そうそう、朝から咲いているのに何故か「夕化粧」と呼ばれる花でした。草むらにちらほら咲いているのをよく見かけますが、環八手前の道端にはこれだけが群れを作っていました。化粧つながりで、フラワーランドの水辺に涼しげに咲いている「半化粧」の写真をおまけにつけました。ドクダミ科のハンゲショウ(半夏生:半化粧)、花が咲き出すとそのつけねの葉っぱが表側だけ白くお化粧する珍しい植物です。

      


  • Posted by つぼみ at 21:50Comments(0)砧公園周辺