たまりば

  日記/一般 日記/一般  その他 その他

秋風や

2009年10月27日

秋風や 
さわやかだった風が、身にしみると感じる今日この頃、「秋風や」と題を決めて写真を撮りました。やはり風にそよぐものに目が向きます。トップはパンパスグラス、イネ科の植物です。大草原(パンパス)に生える草という名前ですが、和名シロガネヨシ(白銀葭)の通り、穂が白銀に光っていました。ススキも秋風になびくものの代表ですね。
さて、ここで思い出したのは、NHKラジオ深夜便「ラジオ歳時記」で俳句指導をしている鷹羽狩行さんのお話です。ある句会で「秋風や」とのお題に「秋風や 自ら生を 絶ちし父」と詠んだ若者がいました。「生」を「せい」と読んだ鷹羽さんは、父親が自ら命を絶ったという辛い状況を句にした若者にどんな言葉をかけたものかとためらいました。しかし「生」は「なま」と読み、だいぶ冷え込んできたからもう生ビールはやめて熱燗にするぞと宣言したお父さんを詠んだ句だったと判明したのです。熱燗の恋しい季節になりましたね。
秋風や


  • 同じカテゴリー(砧公園周辺)の記事画像
    ヒガンバナ
    変化朝顔
    優美です
    多摩川の鮎
    用賀まち歩きーⅡ
    定点観測
    同じカテゴリー(砧公園周辺)の記事
     ヒガンバナ (2013-09-14 22:17)
     変化朝顔 (2013-08-26 21:41)
     優美です (2013-08-14 21:49)
     多摩川の鮎 (2013-08-04 20:48)
     用賀まち歩きーⅡ (2013-07-31 22:20)
     定点観測 (2013-07-20 21:31)

    この記事へのコメント

    「秋の風」を詠んだ一句といえば、芭蕉が加賀の那谷寺(なたでら)で詠んだという「石山の石より白し秋の風」が浮かびますが、つぼみさんの写真からも白い風が感じられますね。つぼみさんの文章に即して言えば、牧水の一首「秋かぜや日本(やまと)の国の稲の穂の酒のあぢはひ日にまさり来れ」がピッタリかな。でも牧水ならやはり「白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけれ」ですよね。ぬる燗好きの私は、この酒が熱燗かぬる燗か、以前から気になっているのですが。どなたかおわかりでしょうか。
    Posted by 花オンチ at 2009年10月28日 01:39

    これはパンパスグラスというのですか。つい先日駒沢公園で行事があって参加したのですが、ふさふさと重たげに揺れていました。風がなくても「秋風や・・・」と感じます。

    この仲間だと思うのですが、荻とススキの違いが判りません。荻窪駅の荻も電車の中からではまったく区別できませんでした。

    自ら第三麦酒を断ちまして、私は焼酎です。
    Posted by gwl at 2009年10月28日 19:53

    トップの写真、青空が本当に綺麗に撮れていて「さすが!」とおもいました。所でパンパグラスの左手の草、あれはなんですかね?
    ェっえ・・・!!
    Posted by naoki at 2009年10月28日 20:58

    青空とパンパスグラス!ステキな写真ですね!!
    パンパグラスを初めて(意識して)見たのは、小石川植物園の正門でした。
    ドーーンという、その大きさにびっくりしましたが、
    最近どこでもよく目にするようになりましたネ。
    外来種がはびこってきたのか・・・とも勘ぐっていたのですが・・・

    naokiさんがパンパグラスと書かれたので、ェっえ!って思ったのですが、
    「パンパ」はアルゼンチン近辺の 草原地域の名前で、
    「パンパ地方に生えている、 グラス(芝)」の意、とのこと・・・

    荻とススキの違い、私も全く判りません。
    標識に頼るだけです・・・
    Posted by majikku at 2009年10月28日 23:38

    数少ないカラオケの持ち歌のひとつ「舟唄」では、♪♪お酒はぬるめの燗がいい♪ですが、私はどちらかと言えば熱燗かな。花オンチさんが気になってるとおっしゃる牧水のお酒がぬる燗かどうか、研究した人はいるのでしょうか。
    パンパスグラスはフラワーランドのもので、ここは敷地が狭いのでドーーンと大きな株にはできないようです。「荻」を広辞苑で引いたら「ススキに似る」と書いてあってお手上げです。
    Posted by つぼみ at 2009年10月29日 07:32

    私が気にしているのはトップの写真のパパスグラスの左の背の高い草(?)ですが。何者でしょうか?
    Posted by naoki at 2009年10月29日 08:29

    パンパスグラス・・・・。
    ススキもフレッシュな方がいいですよね~~~。

    枯れておばけに間違われる頃は、ちょっと淋しいものね。
    Posted by tosi at 2009年10月30日 17:30

    naokiさんご執心の植物、昨日フラワーランドに行って調べてみたら
    7月末に出した「夏の虫とりー1」でクマンバチがとまっている
    「セイヨウニンジンボク」でした。あのときは花と蜂に焦点が合って
    いましたが、葉っぱも少し写っているので見比べてください。

    パンパスグラスはだいぶ前に撮ったので、穂がプラチナブロンドと
    いう感じです。

    今日は、フラワーランド花まつり、ケナーのコンサートや、ガーデンツアー、大菊展示などいろいろと催しがあります。
    Posted by つぼみ at 2009年10月31日 07:25

    はじめまして!
    秋津の輝ちゃんから聞いてお尋ねしました。
    私も世田谷に生れて育って半世紀を少し超えました。
    この地で自分も育ち、子も育ちました。
    このまま骨を埋める覚悟でございます。

    ところで、荻とススキの違いに、納得したんだったのに
    いざとなると忘れてしまいました・・・
    たぶん…ですが、ススキは根元から葉が生え、荻は茎から枝状に葉が出ているんじゃなかったでしたっけ?
    反対かも…うろ覚えの情報ですみません。忘れてください。
    また遊びに寄らせてもらいます。
    Posted by せたがや呑気 at 2009年10月31日 18:27

    せたがや呑気さん、初書き込みありがとうございます。
    秋津の輝ちゃん、ずっと見ていてくださったんですね! 
    しかもお友達に紹介してくださって、感謝です。
    数えてみたら、私も世田谷在住の年数は半世紀を超えました。。
    Posted by つぼみ at 2009年10月31日 20:28
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    秋風や
      コメント(10)