たまりば

  日記/一般 日記/一般  その他 その他

門前の田圃

2009年10月11日

門前の田圃 

この間、砧公園南側駐車場近くの住宅街を歩いていたとき、「はっ」と足が止まりました。門前のスペースに、赤黒い稲穂が風に揺れていたのです。これがうわさに聞く黒米かなと思いつつ写真を撮りました。直後に、このブログにいつも色々な情報を下さる「砧公園通のTさん」(ペンネーム鳥山さん)にお会いしたら「あそこでは毎年あのミニ田圃が出ているよ」とのことでした。その後鳥山さんがこのお宅で色々と聞いてきてくださいました。これは古代米の赤米で、毎年スズメがほとんど食べてしまうので、ネットをかけたりしているのに、今年は食べに来ないと不思議がっておられるそうです。「せたがや八季」に出すまで、刈り取らないよう頼んできたとのことで、恐縮してしまいました。少々調べてみたら、古代米には赤米と黒(紫)米があり、白米よりもビタミンやミネラルが多いので、最近健康食品として人気が出ているとのことです。それにしても、都会ではなかなか見られない稲(しかも古代米!)の稔る様子を観察させていただけるなんてありがたいことです。

門前の田圃

*キンモクセイ
10月1日に「今年は世田谷ではキンモクセイが咲かない」と書きましたが、今周辺でキンモクセイが芳香を放っています。毎朝5時台に聴いているNHK「ラジオ朝一番」で、9月の初めからキンモクセイの便りが相次ぎ、キンモクセイ前線が北上して東京にも来ているはずなのに咲かないので、早とちりしてしまいました。せっかちであわて者の面目躍如(?)お騒がせしました。



  • 同じカテゴリー(砧公園周辺)の記事画像
    ヒガンバナ
    変化朝顔
    優美です
    多摩川の鮎
    用賀まち歩きーⅡ
    定点観測
    同じカテゴリー(砧公園周辺)の記事
     ヒガンバナ (2013-09-14 22:17)
     変化朝顔 (2013-08-26 21:41)
     優美です (2013-08-14 21:49)
     多摩川の鮎 (2013-08-04 20:48)
     用賀まち歩きーⅡ (2013-07-31 22:20)
     定点観測 (2013-07-20 21:31)

    この記事へのコメント

    今日の昭和公園にはたくさんのキンモクセイが香りを放っていました。夕日をあびて木全体が金色に輝いていました。以前につぼみさんが書いていらしたギンモクセイも発見。キンモクセイとは少し違うジャスミンに似たかぐわしい香りになんだろうと見回したら、大きな木に白い小さな花が一杯。
    大満足して家に帰りましたら、玄関脇の小さなキンモクセイがけなげに咲いていました。
    Posted by 巳 at 2009年10月11日 22:54

    今朝の「ラジオ朝一番」では、島根の人が「キンモクセイはもう終わり、サザンカが咲きはじめました」とのお便りを寄せていました。
    Posted by つぼみ at 2009年10月12日 07:08

    このお宅の門構え、相当立派なご邸宅の様に見受けますが、なぜ門前に赤米なのでしょうか?  何かの言い伝えとか意味があるのでしょうか、ご存じの方いらしたら教えてください。Tさんにもう一度ご足労願えれば有り難いのですが。
    Posted by naoki at 2009年10月12日 09:51

    赤米は稲穂から赤いのですか。赤米を食べたこともありませんので、
    勝手に米粒だけが赤っぽいのだと思っていました。

    ここ数日どこからともなくキンモクセイのほのかな香りが漂ってきます。
    Posted by gwl at 2009年10月12日 10:54

    gwlさま
    目黒の東急線駅ビル(アトレだったかな?)二階の和風レストラン「YUUAN」
    で千円ぐらいの定食ランチを頼むと赤米(古代米)の御飯が出てきますよ。他にも色々あるとはおもいますが。
    Posted by naoki at 2009年10月14日 21:46

    YUUANはひとっ走りして食べてきます。おかげでいろいろ初めてのことが楽しめます。

    キンモクセイの花はちらほら残っていますが、匂いはもう感じなくなりました。学名の osmanthus fragrans は sweet fragrance なのだそうです。中国の旧暦で桂月という桂はモクセイのことだそうです。以上受け売り。
    Posted by gwl at 2009年10月16日 22:46

    キンモクセイ、爽やかな香りを風が漂わせてくれていて、幸せ気分!ギンモクセイかな?と思える木に先日出逢えたことは、せたがや八季の知恵袋のおかげと感謝です。

    古代米の稲穂は始めてみます。風情がありますね。古代米は村おこし運動が活発な頃、修善寺で初めて買ってから、よく使用しています。もち米なので、うるち米3cupに大さじ2杯ぐらいの古代米を入れて炊くと赤飯色より紫に近い色の美味しいご飯が炊けます。身体に優しく、風味がありますね。
    Posted by yyg at 2009年10月17日 00:58
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    門前の田圃
      コメント(7)